biography

藤田真央

1998年東京都生まれ。3歳からピアノを始める。

2019年6月、第16回チャイコフスキー国際コンクール、ピアノ部門にて第2位を受賞。審査では聴衆から熱狂的なスタンディング・オベーションで迎えられ、ネット配信を通じて世界中の注目の的となった。

2017年、弱冠18歳で第27回クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール優勝。併せて「青年批評家賞」「聴衆賞」「現代曲賞」の特別賞を受賞。

2016年には、故中村紘子氏が最後に審査員を務めた浜松国際ピアノアカデミーコンクールで第1位に輝くなど、国内外での受賞を重ねている。

初めてのリサイタルを2013年に開催。以降、国内はもとより、各地でリサイタル、オーケストラと共演している。

これまでに、オレグ・カエターニ、リッカルド・ミナーシ、小林研一郎、現田茂夫、飯森範親、大友直人、レイ・ホトダ、クリスティアン・ツァハリアス、リュー・ジア、東京都交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ユタ交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、マカオ管弦楽団等と共演。
ルール音楽祭、ショパン国際音楽祭(ポーランド)、アッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている。また2018年夏にはヴェルビエ音楽祭にアカデミー生として参加した。

2018/2019シーズンは、「横浜市招待国際ピアノ演奏会」、Bunkamura 30周年記念企画「クラシック・ロシア by Pianos」、「トッパンホール ニューイヤーコンサート」などのガラ公演に出演した他、完売になったヤマハホールのリサイタルは「聴く喜びを生む 新星の美しい音色」と評された。
2018年10月には、スイス、並びにパリのルイ・ヴィトン財団主催New Generationシリーズに招かれ演奏。
2019年3月には、カーチュン・ウォン指揮/読売日本交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、秋山和慶指揮/東京交響楽団とジョリヴェ:ピアノ協奏曲「赤道コンチェルト」を共演し、高い評価を得た。

今後は、飯守泰次郎指揮/東京シティ・フィルとベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」、小林研一郎指揮/日本フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキー:ピアノ協奏曲、モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番を共演。

今秋に公開される映画『蜜蜂と遠雷』では、風間塵役の演奏を担当することが発表され、話題になっている。
CDはナクソス・ジャパンから3枚リリース。

■ テレビ出演

  • 2009年1月 テレビ朝日「近未来予測テレビ 聴覚スペシャル」
  • 2011年1月 BSイレブン「『奏でる夢・みらい』クラシック・ヨコハマ」
  • 2014年1月 東京MXテレビ「5時に夢中」
  • 2015年10月26日 テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」
  • 2017年4月14日 テレビ朝日「題名のない音楽会」
  • 2019年3月9日  テレビ朝日「題名のない音楽会」

■ ラジオ出演

  • 2010年12月 NHK-FM「第64回全日本学生音楽コンクール全国大会入賞者演奏」
  • 2011年11月 FM-よこはま「MORNING STEPS」
  • 2016年11月 文化放送ラジオ「楽器学園〜ガキパラ〜」内コーナー「みゅ〜ぱら」
  • 2017年10月 文化放送ラジオ「楽器学園〜ガキパラ〜」内コーナー「みゅ〜ぱら」
  • 2017年11月 NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」

■ CD録音

  • 2011年12月 愛知県碧南市芸術文化ホールエメラルドホール
  • 2013年4月 ドイツ・ベルリン イエス・キリスト教会
  • 2014年9月 ドイツ・ベルリン イエス・キリスト教会
  • 2018年1月 浜松アクトシティ
  • 2018年6月  ドイツ・Kunstmuseum Bochum (ルール音楽祭ライブ録音)
  • 2018年8月 横浜市栄区民文化センター リリス
  • 2019年2月 イギリス・WYASTONE CONCERT HALL

■ CD発売

  • 2013年11月 ナクソス・ジャパンより、「ナクソス・クレッシェンド」という若い世代の音楽家のための新しいレーベル第1号として、デビューアルバム「MAO FUJITA」(NYCC-10001)をリリース。(ベートーヴェン ピアノソナタ第6番、ラフマニノフ 楽興の時、三善晃 ピアノソナタを収録)
  • 2014年9月〜10月ANA国際線機内エンターテイメントオーディオプログラムに選出される
  • 2015年9月16日 同ナクソス・ジャパンより、セカンドアルバム「ヤング・ヴィルトゥオーゾ」(NYCC-27296)をリリース。(ベートーヴェン ピアノソナタ第14番月光、ワーグナー=リスト タンホイザー序曲、プロコフィエフ ピアノソナタ第6番を収録)
  • 2018年5月23日 ナクソス・ジャパンより、3rdアルバム「Passage」(NYCC-27306)をリリース。(リスト:19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 – 第2番 嬰ハ短調 モーツァルト : ピアノ・ソナタ第18番 ニ長調 K.576
    ショパン : ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 Op.58 シューマン=リスト : ミルテの花 Op.25 – 第1曲 献呈 ショパン : ノクターン第20番 嬰ハ短調(遺作)
    ショパン : バラード第1番 ト短調 Op.23
    モーツァルト=ヴォロドス:トルコ行進曲(コンサート・パラフレーズ)を収録)
  • 2018年11月28日 ナクソス・ジャパンより、「パレレフスキ 名曲集」をリリース。6つのポーランド舞曲 Op. 9 – VI. ポロネーズ ロ長調、旅人の歌 Op. 8 – III. メロディ ロ長調、ミセラネア Op. 16 – IV. 夜想曲 変ロ長調を担当する。

■ <これまで受講したマスタークラス>
クラウス・カウフマン氏、 ユージン・プリドノフ氏、
オリバー・ケルン氏、セルゲイ・クドリャコフ氏、
ミシェル・ダルベルト氏、アンジェイ・ヤシンスキ氏、
ピオトル・パレチニ氏、アレクサンダー・セメツキー氏、
シュテファン・メラー氏、クリスティアン・カチェフスキ氏、ラルフ・プラッゲ氏、 ヴィクトル・リャードフ氏、エリソ・ヴィルサラーゼ氏、ロナン・オホラ氏、アンドレイ・ピサレフ氏、ベルント・ゲツケ氏、シン・スジョン氏、トーマス・ベッカー氏、小菅優氏、小川典子氏、アイナル・ステーン=ノックレベルグ氏、ヤン・イラーチェク・フォン・アルニン氏、アンナ・バルッティ氏、エマニュエル・メルシア氏、中村紘子氏、ケヴィン・ケナー氏、ミラスロフ・クルティシェフ氏、ジョアナ・マクレガー氏、ミシェル・ベロフ氏、セルゲイ・ババヤン氏、アンドラーシュ・シフ氏、リチャード·グード氏、ゲオルグ・フリードリヒ・シェンク氏、キリル・ゲルシュタイン氏

Mao Fujita

Born in Tokyo in 1998, Mao Fujita, a mere 20 years old pianist, fascinated the Moscow audience by winning the second prize at the 16th Tchaikovsky International Competition. on June 27, 2019. He was welcomed by standing ovation during the rounds and immediately became the focus of international attention.

In 2017, while still a freshman at the Tokyo College of Music, Mao won the 27th Concours International De Piano Clara Haskil in Switzerland, also winning three special awards the “Audience Award,” the “Prix Modern Times,” and the “Prix Coup de Coeur.”

His recent highlight performances include Andre Jolivet Piano Concerto with Mo. Kazuyoshi Akiyama & Tokyo Symphony Orchestra in 2019, Rachmaninov Piano Concerto No. 3 with Mo.Kachun Wong & Yomiuri Nippon Symphony Orchestra in 2019, and Tchaikovsky Piano Concerto No.1 with Mo. Oleg Caetani & Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra in 2018.